自衛隊卒のセラピスト

セラピスト&自衛官の経験と共に、笑顔になる話題をお届けします。

【船旅フェリー道中】商船三井フェリーで19時間『北海道への旅』

お疲れ様です。自衛隊卒セラピストの岡田凰里(おかだおうり)です。ブログを読んで頂いてありがとうございます。

 


猛暑お見舞い申し上げます。

 

東京では、本当に暑い日が続いています。

 

早く涼しくなってほしいものですが、しばらくこの暑さは続くようです。

 

熱中症に注意するとともに、マスクコントロールをして、コロナ対策もしていきましょう。

 

少し前になりますが、熱中症予防のブログを書いています。

 

このブログの最後にリンクを張っておきますので、是非ご覧ください。

 

 

さて、今月のブログのテーマは『船旅フェリー道中』です。

 

実は先日、取材で北海道に行ってきました。

 

その際の交通手段と観光で、3種類のフェリーに乗りました。

 

実はわたし、海や川は潜在的な恐怖感があって、自分であえて船に乗るという機会は、ほとんどありませんでした…。

 

 

いやいや、もちろん泳げますよ(^^;

 

 

レンジャー訓練や自衛隊体育学校を修了していますので、水路潜入、着装泳、水難救助など、幅広く経験しています。

 

それでも恐怖感自体が、消える訳ではないんですよね。

 

そこで取材では、あえて船旅にこだわってみました。

 

食わず嫌いは良くない!って感じですね。

 

茨城県大洗港から苫小牧港までの

商船三井フェリーさんふらわあ

 

北海道知床の

知床観光船おーろら号

 

函館と青森を結ぶ

津軽海峡フェリー

 

以上3つのフェリーに乗ってみたんですが、どれも最高に気持ちよかったんです!!

 

暑い日々が続いていますが、船からの写真で、少しでも涼しい気分になっていただければと思います。

 

今回のブログでは、まずは茨城県大洗港から苫小牧港までの

商船三井フェリーさんふらわあ

をご紹介したいと思います。

 

今週のブログは以下の内容です。

 

1 就航50周年!

2 東京駅からフェリー乗り場へ

3 さんふらわあ号のサービス

   (1) 船内の不思議な設備

   (2) ビュッフェ形式の夕食と朝食

   (3) 圧倒的なご来光

   (4) ホライズンビュー風呂!

4 圧倒的なご来光

5 まとめと次回のテーマ

 

それでは始めていきますね。

 

 

1 就航50周年!

フェリーで北海道に行ってみよう!と思い立ったのが、4月下旬。

 

今は、ネットですぐに調べられるので、検索をかけてみると「商船三井フェリー」がヒットしました。

 

本当に偶然だったんですが、今年は就航50周年で、色々なイベントをやっています。

 

ワンピースとのコラボがメインの様ですね。

 

運賃の割引キャンペーンも行われています。

 

今回は、夕方便限定の「パシフィック・ストーリー」というチケットを利用しました。

 

このチケットは、
・東京駅から茨城県大洗フェリーターミナルまでのバスの運賃

・フェリー料金

・苫小牧フェリーターミナルから札幌までのバスの運賃

 

これがセットになったチケットです。

 

期間に寄って料金が変わりますが、わたしはB期間で行ったので、11,000円でした。

 

そして部屋を「コンフォート」にしたので、その分の割増3,000円になりました。

 

コンフォートは、半個室タイプ。

 

カプセルホテルみたいな感じですね。

 

東京駅から札幌駅まで1人旅14,000円で、フェリーに乗れて景色も見れて…。

 

そう考えると、リーズナブルだったと思います。

 

空席は商船三井のホームページで確認できたんですが、パシフィック・ストーリーのチケットは、電話での予約でした。

 

係の方が、丁寧に説明してくれたので、フェリー乗船までの手続きや流れは、よくわかったのですが、どうしても一つ気になることがあって…。

 

 

それは盗難です。

 

 

勇気を出して、聞いてみたら

「防犯カメラも着いていますので、大丈夫だと思います。」

「船内の盗難は聞いたことがない」

 

とのこと。

 

実際にフェリーに乗った後も、盗難に関するアナウンスが流れていました。

 

まぁ、ある意味密室なので、逃げようがありませんからね。

 

そういう事件があると、下船できなくなるらしいです(^^;

 

そりゃ、誰もやらないですよね。

 

 

予約はスムーズにできたんですが、船内で一泊するってどんな感じだろう、と思ってYoutubeで調べてみました。

 

すると、「スーツ交通」さんの動画がありました。

 

スーツさんは個室に泊まっていましたが、船内での一泊の様子は、この動画で予習できました。

 

興味のある方は、最後にリンクを貼ってありますのでご覧ください。

 

後は、当日を待つのみ!

 

ワクワクで当日を迎えました♪

 

 

2 東京駅からフェリー乗り場へ

今回の北海道取材は、丸々1週間。

 

それなりの荷物になりました。

 

というか、1週間も旅に出るなんて初めてだったので、荷物作りには手間取りました。

 

ビジネスバックに、スーツケースにキャリーケース…。

 

うーん、大荷物…(^.^;

 

これをもって移動するのか…と、ちょっと気が滅入りましたが、まぁ慣れるでしょ!

 

そんな気持ちで、いざ出発♪

 

まずは東京駅に行って、パシフィック・ストーリーのチケットを購入。

 

東京駅八重洲南口の、高速バス乗り場で無事購入できました。

 

バスの待ち時間に、手土産を買って…。

 

早速バスに乗り込みました。

 

大洗フェリーターミナルまでは、高速バスと路線バスを乗り継ぐ感じです。

 

東京駅⇒水戸駅まで高速バス

水戸駅⇒大洗ターミナルまで路線バス

 

こんな感じです。

 

乗り継ぎがいいわけではなかったですが、こればっかりは仕方ないですね。

 

少しだけ水戸駅を散策♪

 

バスターミナルの上には水戸黄門様が…

 

駅の反対側は、ビル!って感じでした。

 

さすが県庁所在地です。

 

 

予約の時に、係の方が案内してくれた通りに行ったので、迷うことなく、大洗フェリーターミナルに着きました♪

 

船に乗り遅れるわけにはいかないので、着くとやっぱりホッとしますね(^o^)

 

フェリーターミナルで、部屋をグレードアップした分の料金を支払いました。

 

もう乗船できるということなので、早速乗船することにしました。

 

こんなに大きいフェリーに乗るのは初めてだったので、本当にテンションが上がりましたね(^n^)

 

 

乗ってみてまず驚いたのは…

 

え!マジ!?

 

船内にエレベータとエスカレーターがある!!

 

人の流れがあったので、写真は撮れなかったのですが、これがほんとありがたかったです。

 

荷物は多かったのですが、楽々上の階に上がれました。

 

そして、広い…(^o^;



 

コンフォートルームはこちら

 



 

無事乗船して、自分のベッドも確認できたので、荷物を置いて、船内を探検することにしました♪

 

とりあえず、デッキに出てみると…

 

 

 

 

 

ではでは、お次は船内のサービスをご紹介しますね。

 

 

3 さんふらわあ号のサービス

20年以上前、和歌山から徳島までフェリーで渡ったことがあるんですが、比べ物にならないくらい広かったです。

 

そんな広い船内を、ご紹介したいと思います。

 

 

(1) 船内の不思議な設備

船内は部屋が階で分かれていました。

 

スイートからツーリストまで9種類あります。

 

あんまり他の階の部屋をウロチョロするのも、ちょっと気が引けたので、公共スペースを見て回りました。

 

 



 

写真撮り忘れちゃいましたが、洗濯機と乾燥機もありました。

 

長期旅行者用に、ランドリー施設もあるんですね。

 

そして、ちょっとトイレに行ってみたんですが…

 

フェリーならではの、心遣いですね。

 

っと、後ろを振り向いたら…

 

よくわからない不思議な設備が…?

 

洗濯するの…?

 

いや、ランドリーはあったしなぁ…

 

おや?

 

扉にアイコンが…

 

 

まさか、こんな設備が…(^n^;

 

大きい方にするんじゃなくて、専用の施設がありました!

 

その他、ベビールームやドッグランなどもありますので、興味のある方は商船三井フェリーのホームページをご覧ください。

 

ブログの最後にリンク張っておきます。

 

 

(2) ビュッフェ形式の夕食と朝食

夕食と朝食はセットのチケットがあって、両方合わせて2700円。

 

ちょっと割高なのかなと思いましたが、ビュッフェスタイルで、景色を見ながら食べられたので、これはこれでリーズナブルだと感じました。


夕食はこちら♪

 

夕食はビールを飲んだんですが、500円のコイン式ビールサーバーでした!

 

あんなの、初めて見ました(^o^!

 

ビールは2杯くらい飲みましたかね。

 

もちろんビール後の〆のラーメンと、デザートビュッフェも♪

 

初めてのルートで行く緊張か、夕食を取ったら、どっと疲れが出ました。

「今日は寝ちゃって、ご来光を見た後にお風呂に入ろう」

 

そう思って、午後9時には床に就きました。

 

 

(3) 圧倒的なご来光


船内の案内所に、日の出時間の案内があります。

 

この日は、4時頃が日の出。

 

うーん、早い…。

 

でも、船から大海原のご来光なんて、めったに見れるものじゃないので、頑張って起きたんですが…

 

大迫力!

 

圧倒的!!

 

早起きした甲斐がありました!

 

 

うおぉぉぉ!!

 

 

今までの人生の中で、間違いなく一番のご来光でした!

 

よーし、だいぶ潮風にもあたったし、ひとっ風呂行ってきます♪

 

 

(4) ホライズンビュー風呂!

 

スイートルームなど、お部屋にお風呂やシャワーがついている部屋もあるんですが…

 

絶対に展望風呂に入ることを、おススメします!!

 

もう、オーシャンビューとか、そんなレベルじゃなくて、辺り一面が大海原!

 

Nothing but 大海原!!

 

水平線しか見えません( ゚Д゚)!

 

まさに、ホライズンビュー!!!

 

お風呂内は、撮影禁止だったので写真は撮れなかったんですが、船内からの大海原を収めました。

 

こんな感じの景色を見ながら、お風呂に入れます♪

 

最高の眺めでした!!

 

これもフェリーならではですね(^v^)v

 

 

4 景色を見ながらゆったり移動

朝の四時ごろに起きて、ご来光を見て、お風呂に入ったら、あっという間に朝食の時間です。

 

レストランに行って、いざ朝食ビュッフェ♪

 

 

普段の朝食はカフェラテと甘酒だけなので、ほとんど食べないんですが…

 

ここぞとばかりに食べちゃいました(^^;

 

この日は、昼食はカットですね(^o^;

 

ちなみに船内での昼食は、食数限定で提供されていました。

 

朝食の時間が終わってしばらくしたら、

「レストランを展望スペースとして開放します」

 

と、アナウンスが流れました。

 

せっかくだし、行ってみました。

 

ゆったりとした船の中から陸側を見る、これがまたいいんですよね。

 

青森県下北半島の切端の灯台が、遠くに見えました。

 

 

本を読んだり、取材の最終チェックなんかをしました。

 

いや~…、贅沢な時間でした♪

 

そんなこんなしていたら、到着30分前のアナウンスが…

 

 

5 まとめと次回のテーマ

今回のブログでは、茨城県大洗港から、北海道苫小牧港まで就航している「商船三井フェリーさんふらわあ号」をご紹介しました。

 

スーツさんが動画で、

「あっという間だった」

 

と、コメントしていましたが、確かにその通りでした。

 

フェリーに乗ってる時間は19時間だったんですが、そんなに乗っていたかなぁ…という感じでした。

 

今回初めてフェリー泊をしてみたんですが、フェリーでしか体験できないことがたくさんあるので、本当におススメです。

 

 

と、言いたい所なんですが、ちょっと気になったことを何点か。

 

 

まずは船なので、やっぱり揺れるんですよね。

 

ですので、寝るにしても『熟睡』というわけにはいきませんでした。

 

夜、何度か揺れで目が覚めましたね。

 

写真を見ていただいてもわかるように、海面は静かだったんですが、それでも揺れは感じました。

 

荒れていると、結構揺れるんだろうな…と、思います。

 

 

それと、コンフォートルームは半個室なので、共用スペースがあるんです。

 

脱いだ靴の、香ばしい香りが…(^.^;

 

ま、わたしは元自衛官なので、そういうのは慣れてるんで、気にならないんですが…。

 

ベットのカーテンを閉めれば、臭いは全然しなかったので、ベッドに入っちゃえば気になりません。

 

もし気になる方は、個室を予約した方がいいと思います。

 

これも、フェリーでしか体験できないことですけどね(^ⅿ^)

 

 

そんな気になることも、他のワクワクが断然勝っています!

 

乗ったことのない方は、フェリー泊、是非是非やってみてくださね♪

 

次回のブログでは、苫小牧駅から電車で白老駅に移動。

 

2020年にオープンした、国立アイヌ民族博物館『ウポポイ』をご紹介します。

 

 

【取材1日目から2日目の行動と料金】


※移動経路がわかるように、車利用の地図で表記しています。

1日目

東京駅14:20発

大洗フェリーターミナル19:45発

フェリー泊

2日目

苫小牧フェリーターミナル13:30着

JR苫小牧駅着14:10着

JR苫小牧駅発14:16発

JR白老駅14:29着

 

パシフィックストーリー(コンフォートルーム)利用

14,000円

夕食朝食ビュッフェセット

2,700円

プラス電車賃バス賃

約1000円

 

移動距離893㎞

―――――――

 

 

熱中症予防のブログ】

 

【今週の体重】

先週59.1㎏⇒今週58.4㎏

 

【体重をアップする理由】
【頑張らないダイエット③】 お手軽にも程がある!"超時短"筋トレ法

 


【参考資料】
1 商船三井フェリーHP https://www.sunflower.co.jp/

2 スーツ交通(Youtube)
 【豪華フェリー】動くホテル 商船三井フェリーの旅 東京~札幌 22時間 
 https://youtu.be/-dheACx4_sY

 

≪前回のブログ  -  次のブログ≫

 

 

自衛隊在籍約15年。在職時は、年200件以上を対応するカウンセラーの任務の傍ら、気内臓療法のインストラクターを務め、様々なボディケアを約10年間学んできました。

 

現在は自衛隊を卒業して、身体も心も癒すセラピスト。

 

『なぜかよく眠れない』

こんな悩みをお持ちの方に、心地よい眠りをサポートする施術を提供しています。

 

このブログでは、身体の健康、心の健康、防災、そしてちょっとだけ自衛隊の話を綴っています。

 

セラピストとして学んだことや自衛隊での経験が、皆様のお役に立てば幸いです。

 

ブログの更新は毎週水曜日。

 

月に一度、ブログテーマのアナウンスをしています。

 

アナウンスをご希望の方は、ご連絡ください。

 

連絡先はこちら
LINE公式アカウント:https://lin.ee/ky0Ngjp
Mail:sukkirioasis@gmail.com

 

読者になりたい方はこちら

 

最後までご覧いただきありがとうございました。感謝です。

 

引き続き感染対策をして、安心安全の社会を作っていきましょう。

 

 

【前回のブログ】

【ホームページ】
https://www.sukkirioasis.com/

【公式Twitter
『身体の健康・心の健康・防災』のニュースをツイートしています。
https://twitter.com/sukkirioasis
⇨フォローして、是非情報を受け取ってくださいね。

【経歴・資格など】
ラクゼーションセラピスト、公認心理師(国家資格)、産業カウンセラー、元陸上自衛官、レンジャー隊員、上級体育指導官、予備自衛官(衛生官)